朔太郎の蔵書 その1

松居眞玄(松葉) 『亡國星』
  春陽堂 1900(明治33)年9月13日発行
  ※「この本もちぬし 萩原朔太郎
   朔太郎は1900年4月、(旧制)前橋中学入学。

幸田成行, 堀内文磨 『雪粉々』
  春陽堂 1901(明治34)年1月17日発行
  ※署名「萩原朔太郎
   幸田成行は幸田露伴の本名。

寒川鼠骨(陽光) 『寫生文 作法及其文例 』
  内外出版協会 1903(明治36)年6月15日 (5月10日初版)
  ※表紙に「はぎわらみさを」、裏見返しに「持ち主 萩原朔太郎
   朔太郎は(旧制)前橋中学4年
   このころ級友有志らと回覧雑誌『野守』を出す。

フランク・パレツト著 涙香小史譯 『山と水:椿説 (前編)』
  扶桑堂 1907(明治40)年1月2日発行
  ※印「萩原蔵書」
   涙香小史は黒岩涙香(周六)
   国立国会図書館の収蔵は後編のみのようだ
   http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/876674/1

高濱清(虚子)他 『蕪村句集講義 春之部』
  俳書堂 1907(明治40)年4月1日第6版
  (初版1900年9月 ほとゝぎす發行所)
  (鳴雪、子規、碧梧桐、虚子、青々等)
  ※「咲二」
   朔太郎は1907(明治40)年9月第五高等学校入学

薄田泣菫 『落ち葉』
  獅子吼書房 1908(明治41)年2月20日初版

島村苳三(盛助) 『貝殻』現代文藝叢書 ; 第13編
  春陽堂 1912(明治45)年7月13日初版

萬葉集 上編』 (袖珍文庫 ; 第13編)
  集文館 1913(大正2)年10月15日第10版
   (1910年9月25日初版 )

高山樗牛著 ; 姉崎正治(嘲風)編 『文は人なり : 樗牛文篇』
  博文館 1914(大正3)年11月15日第33版
  (1912(明治45)年1月3日初版)

ドストエフスキー三浦関造訳) 『カラマゾフの兄弟 第一巻』
  金尾文淵堂 1914(大正3)10.3
ドストエフスキー三浦関造訳) 『カラマゾフの兄弟 第二巻』
  金尾文淵堂 1914(大正3)10.18

ドストイェフスキイ(森田草平訳) 『悪霊 全』
  國民文庫刊行會 1915(大正4) 7.18

ダスタエーフスキイ(中村白葉訳) 『罪と罰』(上下巻)
  新潮社 1916(大正5) 6.20

トストエーフスキイ(米川正夫訳) 『カラマーゾフの兄弟上巻』
  新潮社1917(大正6) 6.29

ドストイェフスキイ(内田魯庵訳) 『罪と罰
 (ドストイェフスキイ全集第5巻)
  ドフトエフスキー全集刊行会 1926(大正15) 7.20

フリイドリッヒ・ニイチェ著(生田長江譯)
『人間的な餘りに人間的な (上) 』 (ニイチエ全集第1編)

新潮社 1921(大正10)年7月30日第5版 (1916年10月初版)

『世界文学全集 第30巻』
新潮社1928(昭和3)年6月20日初版
 デュマ・フィス著(高橋邦太郎訳) 「椿姫」
 ドオデエ著(武林無想庵訳) 「サフオ」
 ダンヌンツィオ著(生田長江訳) 「死の勝利」

土井晩翠 『晩翠詩抄』
岩波文庫 1933(昭和8)年8月25日第6刷
 (1930年6月10日初版)

※ 表題紙に「萩原詩宗 恵存 1934、6月 著者」とあり