『ソライロノハナ』抄

 

二月の海

 大磯よ汽車にのりたくなりたれば
 海が戀しくなりたればきぬ

 悲しみて二月の海に來て見れば
 浪うち際を犬の歩るける

 砂山にうちはら這ひて煙草のむ
 かつはさびしく海の音きく

若きウエルテルの煩ひ

 君に逢はず山百合つみて歸りくる
 小出松原なくほとゝぎす

 才(ざえ)たらで 御國はぐゝむ歌もなし
 身は弱うして よる胸もなし

 櫻貝ふたつ重ねて海の趣味
 いづれ深しと笑み問はれけり

 夏祭すこしはなれて粧ひし
 君と扇の風かはしけり

午 後

 我が肺にナイフ立てみん三鞭酒
 栓ぬく如き音のするべし

 拳固(こぶし)もて石の扉をうつ如き
 愚ろかもあへて君ゆへにする

 春の夜の酒は泡だつ三鞭酒(シャンパニュー)
 樂はたのしき戀のメロデイ

 場末なる酒屋の窓に身をよせて
 悲しき秋の夕雲を見る

 八疊の柱どけいのちくたくと
 母の忍ばゆ家を思へば

 忘られず青き活動(シネマ)の幕ぎれに
 巴里の大路をよこぎりしひと

 寒き風は吹くと思ひぬ故郷の
 赤城牧場の古榎より

 靴ぬぐとかの玄関の敷石に
 涙おとしぬ放浪の子は

 歌舞伎座の運動場にて見し人を
 伊香保の町の石段に見き

 前橋の電話交換局にありといふ
 わが初恋の人のせうそこ

 ある宵のオペラの序幕合唱隊(コーラス)の
 中に見し人わすられぬ哉

 岡山の高等学校の庭にさく
 だありやの花こすもすの花

何處へ行く

 あゝえたえず、と思ふときは日記(にき)をくり
 死なん と書きて心しづまる

 酒のめば亀の子のごと頸ふりて
 わからぬことを唄ふたのしさ

 襟しろき女に見とれ四ツ辻の
 電信柱に突きあたりけり

 腦病と自ら言ひて学校を
 怠ける男 歌をよく詠む

 この男寝ても覚めても煙草のむ
 悲しきくせをおぼへけるかな

 島子てふ藝者がくれしハンケチを
 母に見られし一大事かな

 いづこにか我は行くべき今日もまた
 電車に乗りて街をめぐれり

 しかれども悲劇の中の道化役者(ピエロー)の
 一人(にん)として我は生くべき

 不覚にも胸さはがせて背後(うしろ)より
 おどかす君がにくきたくらみ

 前橋の共進会の裏門の
 畑の中にきく秋の風

 すてばちの身をば柱に投げかけて
 忍び泣きする此の頃のくせ

 沈みゆくセロの響きに神経の
 ふるふがごとき春の夕暮

 若き身のわれが奏づるマンドリン
 ちゝろ ちゝろと泣くが哀しき

 ニコライの尼が僧衣のま白なる
 カフスのうへにたヾよへる秋

 夜をこめて まどろみもせぬあかつきの
 白熱燈の消ゆる侘しさ

 ほのかにも瓦斯のにほひの漂へる
 觀工場のくらき敷石

 しもやけのうすら痒きがうら悲し
 母に無心の手紙かくとき

 妻もたぬ身には慰む人もなし
 柱によりて忍び泣きする

 街行けばあれは酒飲み度しがたき
 のらくらものと行人の見る

 あることが可笑しくなりて何うしても
 笑ひがやまず電車の中にて

 学校を追はれし我がさかしげに
 世を罵れば親はまた泣く

 酒を飲むその時の外の我を見れば
 生きてあるごとし 死にてあるごとし

 たゞ人は物言ふときもうつむける
 少年とのみ我を見るらむ

 わがまへに人いくたりかつまづきし
 かの途を行き この途を行く

 その心ダイナマイトに似たれども
 弱々しげに見ゆる少年

 その頃の十七才の少年と
 われを思へる祖父(おぢ)のいましめ

 宵ごとの父の小言を時ありて
 きかざることを悲しみとする

 横町のぼんくら安も人並に
 我を説かんと日をおきて来る

 新らしき此の國の人犬のごと
 口籠(くちご)せられて生くるはかなさ

 一人にて酒をのみ居れる憐れなる
 となりの男なにを思ふらん
             (神谷のバアにて)

 淺草の活動寫眞の人ごみの
 中にまぢりて一人かなしむ

うすら日

 夏くれば君が矢ぐるまみづいろの
 浴衣の肩に にほふ にひづき

 おん肩へ月は傾むき煙草の灯
 ひかれる途の ほたるぐさ哉

 かくばかり ひとづま思ひ遠方の
 きやべつ畑の香にしみてなく

 ふきあげの みづのこぼれをいのちにて
 そよぎて咲ける ひやしんすかな

 しのゝめのまだきに起きて人妻と
 汽車の窓より見たるひるがほ

萩原朔太郎
『ソライロノハナ』1913.