読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『震災殉難記』の発禁

 本誌九月臨時増刊『震災殉難記』が、安寧秩序を紊乱するものとして、発行即日発売禁止を命ぜられた。安寧秩序紊乱するものは果たして誰だ! 頭かくして尻かくさず、諸君--、支配階級のこの血迷へる反動政策の正體を、我々は、ハッキリと見極めやうではないか。

 『震災殉難記』は、同書の中でも断って置いた通り、震災直後、『種蒔き雑記』と題して、一度公刊したものである。その内容は震災のドサクサ紛れに、亀戸で××*1された平澤計七、川合義虎、鈴木直一、山岸實司、近藤廣造(ママ)*2、北島吉蔵、加藤高寿、吉村光治、佐藤欣治等九名の先駆労働者達の残虐な殉難の真相を髣髴たらしむる、所謂亀戸事件の記録で、材料は当時『種蒔く人』の同人であり、現に我が連盟員たる金子洋文が震火の余煙と灰燼の中を、東奔西走して蒐集したもので現に最近まで、発売頒布を続けて来たものである。

 それを、我が連盟の震災四周年記念出版として、題を改め、版を新にして、発行したものだ。最近の不当検閲の乱暴さに鑑み、その書名の如きも、出来るだけセンセーショナルな字句を避けるやうにして。発禁の理由など、何処を押せば飛び出して来るといふのだ。しかも、曾て一度『種蒔き雑記』と題して、検閲の関門をくぐり、堂々と公刊された『震災殉難記』は、残酷な発禁の刑を喰らつたのだ。安寧秩序を紊乱するといふ理由にならぬ理由に依って。

 古傷を曝かれるといふことは、痛いであらう。古傷を曝かれることは、現に行ひつつあることに対して、強烈な反射鏡をさし向けられるやうなものででもあるからだ。一切合切、彼等にとって、少しでも都合の悪いことは押しかくして置きたいであらう。しかも、いかに支配階級が摩訶不思議な魔術をもつてゐやうとも、あつた事実、行つた事実そのものを、抹殺し終ることは出来ないのだ!『震災殉難記』の発禁!
それにも拘らず、亀戸事件に対する全民衆の憤激は、更らにより新たにより猛烈に加はつて行くであらう。(山田)

『文藝戦線』第四巻第十号 文藝戦線社 1927(昭和2)年10月1日発行
  発行編輯兼印刷人 山田清三郎

 

 山田清三郎は、『種蒔き雑記』は「金子洋文が震火の余煙と灰燼の中を、東奔西走して蒐集したもの」とここでは書いているが、実際は総同盟より貸与された、布施辰治や山崎今朝弥ら自由法曹団の弁護士達が作成した「亀戸労働者殺害事件調書」を抜粋してまとめたものである。

小牧近江らの『種蒔く人』では、早くも十月一日に「帝都震災号外」を出した。これは、青年団その他の、朝鮮人にたいする悲しむべく憎悪すべき事実がなぜおこったのか、できるだけ冷静に考察し、抗議すべき目標を明らかに見きわめよ、と訴えた。亀戸事件の全貌がわかってくると、小牧や金子洋文らが、このままにしておいてはいけないと立ち上がった。総同盟にいって相談すると、「今のわれわれには、この事件を世に訴えることは無理だ。こういうときは文士の諸君に限る。たのむ」と、調査記録を貸してくれた。これをもとに金子が亀戸の殉難記をまとめて、翌年一月に『種蒔き雑記』を出した。金子は憤りをおさえて事実を簡潔に書いたが、そこには被害者たちの美しい人柄が浮き上がっていた。『種蒔き雑記』は、巻頭に「この雑記の転載をゆるす」と書いた。

今井清一『日本の歴史第23巻大正デモクラシー』 中央公論社 1966年