読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ

こころをばなににたとへん

こころはあぢさゐの花

ももいろに咲く日はあれど

うすむらさきの思ひ出ばかりはせんなくて。

 

こころはまた夕闇の園生のふきあげ

音なき音のあゆむひびきに

こころはひとつによりて悲しめども

かなしめどもあるかひなしや

ああこのこころをばなににたとへん。

 

こころは二人の旅びと

されど道づれのたえて物言ふことなければ

わがこころはいつもかくさびしきなり。

 

萩原朔太郎 「こころ」

『純情小曲集』 1925 .

『朱欒』3巻5号・1913(大正2)年5月号初出

広告を非表示にする