読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中恭吉「よるの芽 短詠三十二」抄

傷みて なほも ほほゑむ  芽なれば いとど かわゆし
こころよ こころよ しづまれ  しのびて しのびて しのべよ


思考(おも)ふは 信づること  うたふは かんしやの しるし
あをそらよ あをそら  われも ひとの いちにん


忿りも なげきも つひに  ひとつの いろに とけあふ
あをそら あをそら なれは  けふも いみじく しづやか


悲愁を うりて 歓喜を  かはむと たれも おもへり
あをそら あをそら なれは  もの いはずして うららか

田中恭吉(1892-1915)
公刊『月映』Ⅶ1915.11